Jenkins実践入門

Javaのテストおよび継続的インテグレーションを題材として、Jenkinsにインストールから使い方まで一通りまとめてある。

学んだこと

pipelineには、Shared Libraryと呼ばれる共通箇所を切り出して利用する仕組みがあるらしい(10.3.6)。これまでJenkinsfileでデプロイやslackへの通知など同じことしているのにコピペしていたので、これを活用すると便利そう。記述を見るとリポジトリに特定の構造でディレクトリを作成し、そこにスクリプトを配置するらしいので、異なるリポジトリのジョブでも利用できるのかは要調査。

comments powered by Disqus